人気ブログランキング |

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

塩野七生『ローマ人の物語』の旅
新潮45編集部 / 新潮社
ISBN : 4103540168
スコア選択:



えーと、有隣堂の中をうろついていたら発見!
イタリア旅行間近ということもあり思わず購入。
まだ全然読んでないけど、旅行に持ってこうかなと考え中。
重いですがね。。。
by rucie4 | 2006-02-18 23:49 |
新選組血風録
司馬 遼太郎 / 角川書店
スコア選択:



久々の司馬先生。
今回は、燃えよ剣のように新撰組幹部に視点があてられているわけではなく、平隊員の話がチマチマあったりといったようなオムニバス形式。大抵は斬首、切腹、討死といった血生臭い結末なのがなんとも・・・ 笑。

当時の京都でどれだけ新撰組が厭われていたか、内部が混沌としていたか、などというのを知るには面白い内容でした。しかし、衆道や切腹の失敗する叙述は吐き気がしましたが。。。



士道とは男道のことだ。漢とはかくあるべきだという勁烈な美意識である。
近藤、土方は、本来烏合の衆である新撰組の支配倫理をここに置き、これをもって隊法の最高のものとしてきた。

―諸事、士道ニ背ク間敷事。

by rucie4 | 2006-02-16 00:50 |
実は、ちょっと前にディアボロスを撃破していたり。
この戦闘は暗黒のスタンにプレッシャーがかかっていたりしたので、SS取り忘れ、書く気が無くなったので放置 笑。
二戦したけど無難に倒せたのでした。

それは置いておいて、次に厳しいと噂の応龍戦である「猛き者たちよ」に先週行ってきました。
予め雲消霧散石を一人一つ持っていたので、リヴェB01から帝龍の飛泉へ行き、作戦会議。
3PTで私の参加したPTの構成はナ暗黒黒白赤。
予想以上に応龍の一撃が重く、寝かさないでやるのは不利と判断。寝かし>フリーズ戦法で行こうと臨機応変に対応しようとするけれども、スリップダメ入ってて寝ないという序盤の慌てぶり。。。
でも、なんとかその後上手く立て直してクリア!
他2PTは黒3の構成だったので、無難というか余裕でクリア。。。
今回は全く役に立った気がしないのでした・・・。スタン全レジだしー。
ブラポン使ってタゲを剥ぎ取ったりはしましたが 笑。

これで、礼拝堂に行ける様になったのでした(まだ行ってない)。


b0038759_206274.jpg

カメラ目線で応龍と。
b0038759_20641100.jpg

横から殴ってみました。ギーヴルたんとは大違いな迫力!



いま、罪なき血が流れる
ヴァナ・ディールの大地に
全世界が戦慄する

防げはしない、いかなる定めにも
とめられはしない、いかなる力にも

だが、嵐の夜を貫いて栄光の星が輝く
獣の叫びに抗いて歌の響きが湧きいでる

輝く星、鳴りわたる歌われらが夢と祈りよ

by rucie4 | 2006-02-08 20:07 | FF

天野こずえ「ARIA 1」

ARIA 1 (1)
天野 こずえ / マッグガーデン
ISBN : 4901926128
スコア選択:

ふと、ランク王国を見ていたら最新刊がランクインしていて、気になったのでチェック。
凄ーくまったりしていて、癒し系の天野節炸裂って感じで、即購入を決めました。
しっかりと読んだ事はないですが、雰囲気として凄い「ヨコハマ買い出し紀行」に近いのかな?

何にせよ、癒されます。友人は、テラフォーミング、火星、水、舟などといったSFファンをくすぐる要素が満載だ!と熱く語ってきましたが、私は別にSFに明るくは無いので、単純にまったりがいいなと。そして、民俗的要素が満載な内容。あとはヴェネツィアを模した火星のネオ・ヴェネツィアが舞台ってのも味を出しています。ヴェネツィアじゃなければ多分惹かれていないかと。

今月末にはきっと、地球のヴェネツィアに降り立つことが出来ると思うので、そういう期待感を高めてもいます。

参考:
ヨコハマ買い出し紀行 1 (1)
芦奈野 ひとし / 講談社
ISBN : 4063210502
スコア選択:




ここ「不便」だから全部自分の手でやれるじゃないですか。
それがなんだか嬉しいんです。

by rucie4 | 2006-02-03 20:05 | 漫画