人気ブログランキング |

<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中)
塩野 七生 / 新潮社
ISBN : 4101181721
スコア選択:


ガリア帝国の反乱と、ユダヤ戦役、そしてヴェスパシアヌスの死までの巻。
ガリアの反乱は内乱が引き起こしたにしてしまったにしても、ユダヤ戦役の方は普遍であるローマ帝国で特殊を貫こうとしたユダヤ人との避け難い衝突に過ぎなかった。これらの混乱を沈めた後、帝国の本格的再建が始まった。

ヴェスパシアヌスは、天才でもないけれど、愛敬があり真面目で責任感の強い人間であったとされている。実際に、これといって目新しい事は行っていないが、見事にカリグラやネロによってバランスを崩していた帝政を上手く建て直したと言っていいのではないか。

これにより、更にローマの寿命は数百年延びたといえるだろう。そしてこの三代後より人類史上最も幸福であった時代が始まるのだから…。


話は変わるが、12月28日にハードカバーのローマ人の物語XⅣ「キリストの勝利」が発売された。遂にラスト一歩手前。滅亡の道を転がり続ける西ローマ帝国が、キリスト教に支配される時代は、今の時代よりも恐らく読むに耐えない悲惨さなのかもしれない。文庫版がいつになるかは分からないが、読む日を愉しみにしている。まずは、とりあえず来年無事完結してくれることを願う。



「かわいそうなオレ、神になりつつあるようだよ」
by rucie4 | 2005-12-31 14:26 |

V.A「TOKYO LUXURY LOUNGE」

京都旅行で入ったイタリアンカフェに置いてあったフライヤで存在を知って、買おうと思っていたものをHMVで発掘。

知っているアーティストだとFreeTEMPO,Jazztronik,i-dep,Fantastic Plastic Machineなどなど、豪華な顔ぶれ。

試聴してみるも、良い曲ばかりで即購入決定。
久々にCD買ったし、良い買い物をしました。


Hold my heart.
Hold my heart.
Hold my heart.

by rucie4 | 2005-12-31 13:23 | 音楽
27日、旅行行くのにパスポートの期限が切れているので、新しく取り直そうと戸籍謄本を取りに等々力へ昼頃行く・・・。

その日、夜の忘年会があるかないか微妙な所だったので幹事に連絡してみたところ、場所と時間の変更により決行と知り、焦る。
19時に渋谷…。一旦家に帰るのも微妙で、近くの友人を拉致って卓球。

解散後も時間余ったので一人で自由が丘でお買い物。
靴を買うも、クラークスのはサイズ無いので他の似たようなデザインので妥協。
やっとこさ渋谷に行って、まだ早いのでブラブラ。HMVでCD買っていざ忘年会。


飲んで喋って数時間後、解散して帰宅。満喫した年の瀬でした。
by rucie4 | 2005-12-31 13:07 | 戯言

皇帝狩り

皇帝といっても、古代ローマの皇帝ではなく、バルクルムの皇帝。
そう、狙いはValkurm Emperor!
皇帝羽虫の髪飾りがエクレアの姫帝羽虫の髪飾りになって競争率落ちただろうという事で張る事に。
何故思い立ったかというと、オプチカルハットは取る手間が面倒で、おまけに70~だから暗黒しか装備出来ないことを考えるとこっちのがよいかなーと。ソロ用として。

で、一日張り込む事、4回釣る事が出来てやっとのことでドロップ!37シ/狩で張っていたんですが、実はこれだと皇帝にギリギリ勝てないくらいで、釣り勝つ毎にフェロを呼んで戦っていました。ギャラリーの人達もケアルくれたり優しかったです!

しかし、やはり1時間毎の抽選といえどNM張りは飽きます…。ドロップした時の喜びはひとしおですがねー。



b0038759_1232099.jpg


VS皇帝!

by rucie4 | 2005-12-23 01:23 | FF
先週土曜日、プロM「隔たれし信仰」ミノ戦行ってきました。
フォミュナ水道を2アラでかけぬけ、ミノも瞬殺し、ナグモさんを追いかけました。
途中忍さんが一名死の宣告で逝ってしまわれた事故意外は無難に終了!
リヴェーヌ岩塊群サイトA01に行けるようになりましたとさ!

で、そのままリヴェENMへ。
「愚かなる木」をそのまま2アラでやったのですが…、無事撃破!だけど死人も出て生き返らせようとしているうちにタイムアウトで強制退出。。。
悔しすぎる!!てかNM硬過ぎ。。。
是非リヴェンジしたいと思ったのでした。


b0038759_1344090.jpg

死の宣告【気をつけてください。】
b0038759_135190.jpg

ヒポグリフと初めての戦闘。
b0038759_1352959.jpg

リヴェの眺め。絶景かな



伝説は、こうはじまる。すべての起こりは「石」だったのだ、と。
遠い遠いむかし、おおきな美しき生ける石は七色の輝きにて闇をはらい、世界を生命でみたし、偉大なる神々を生んだ。
光に包まれた幸福な時代がつづき、やがて神々は眠りについた……。
世界の名は、ヴァナ・ディール。
私たちの世界、ヴァナ・ディール……。


ああ、しかしいつしかおおいなる災いが満ちる、
祝福されしヴァナ・ディールの地に。
何万年の長きにわたり暗黒を退けていた古の封印がやぶられ、終わりなき悪夢たちが、いま目覚める。
闇に覆われた悲劇の時代が幕を開けた。しかし神々の眠りは醒めない……。
世界の名は、ヴァナ・ディール。


そして続きは、神にしか歌えない。
by rucie4 | 2005-12-19 13:21 | FF
ローマ人の物語 (21)
塩野 七生 / 新潮社
スコア選択:



血生臭い内乱の時代、歴史上「三皇帝時代」といわれたわずか1年と少しのお話。
前巻の題名が「悪名高き皇帝たち」であったが、彼らは皇帝としての能力が完全に欠けていたわけではなかった。しかし、今回出てきて登位しては殺されていった、あるいは自死を選んだ三人は、愚帝であったとしか言えない。
積極性に欠け、兵士達の人心掌握が出来なかった…、それこそネロ以下であったと思う。

この巻の終りに三人目の皇帝ヴィテリウスが殺された事により、賢帝ヴェスパシアヌスが中巻でメインになっていくのだと思うが、実際此処まで酷い危機を迎えても尚上手く立て直し、後数百年持った帝国の基盤は分厚かったと言うしかない(巻中で塩野氏も記しているが、今までにも幾多の危機を乗り越えてきてはいるわけだが)。



戦闘という人類がどうしても超越できない悪がもつ唯一の利点は、それに訴えることが、これまで解決できないでいた問題を一挙に解決できる点にある。しかも、圧勝でなければ意味をもたない理由もここにある。
by rucie4 | 2005-12-17 00:25 |
ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4)
塩野 七生 / 新潮社
ISBN : 4101181705
スコア選択:



少々ペースアップで読了。
「暴君」として有名なネロの統治。
確かに母殺し、妻殺し、キリスト教徒迫害と悪行を羅列すれば残酷であり、建築やギリシア文化に傾倒しすぎる愚行もあったが、善政が無かったわけではなかったし、暴君とは言い過ぎではないかと思わせられた。

ただ皇帝の器にしては少々小さかった、だけなのかもしれない。
それこそアウグストゥスまでとは言わないまでも、少々の政治的センスさえあれば、30歳の短い生涯ではなく、それこそ賢帝と言われるような統治も出来たのではないかとさえ思う。実際にセネカが片腕として居た時代の統治は善政と言われていたりもするのだし。

これにて、悪名高き皇帝たちは終り。
そして、あれだけ「血」に拘っていたアウグストゥスの野望も潰える事となり、再び1年半の内乱の時代を迎えるようだ。次巻の「危機と克服」は既に購入してあるので、読み始めたいと思う。



愛好者と創造者は必ずしもイコールにはならないが、ネロも多くの愛好者と同様に、イコールになると思っていたのだろう。ただし、文化国家を唱え、熱心に文化の移植や交流に取り組むのには、愛好者のほうが適しているのである。


歴史は、侵略の歴史でもある。つまり、人間の悪業の歴史でもある。これが人間性の現実ならば、悪事による弊害をいかにして少なくするか、にも、人間の知恵を働かせる場所はある。

by rucie4 | 2005-12-11 23:32 |
今日は渋谷でクリスマスパーティだったわけですが、久々のスーツに身を包み、ライトアップされた街を歩いていると欲しいものが沢山目に付く。。。

メモとして、欲しいものリスト~。
・マフラー(あるけど、今使ってるのが少し切れてる。。。)
・ウィンターコート(スーツ用、ロングの)
・Yシャツ(色付き)
・スーツ(ストライプ)
・靴(ワラビー、デザートブーツ、スーツ用ブーツ)
・ネクタイ(別にそこまで欲しくないけど)
・高級ヘッドフォン(ノイズキャンセラ付き、室内用)
・NEW PC(自作で、スペック上げ上げの)
・携帯(電池が一日で切れるから。。。)

・・・etc,,,,


人間の欲は、果てしない。
by rucie4 | 2005-12-11 02:35 | 戯言
先日、遂に念願の空に行けるようになりました!
ラピュタは本当にあったんだ(違!!
まぁ恒例のネタですが・・・。

それはさておき、一日で流砂洞~ミスラとクリスタルまで一気にやり、空まで駆け抜けました。

今回、BCも中々手強いということなので、火力出す為にサポシではなくサポ戦で全て挑んだわけですが(ミスラとクリスタルの壷除く)、SSを取り忘れた流砂洞の蟻戦では、見事に狩人蟻のイーグルアイで1300ダメージ貰い、即死しました 笑。
ま、光連携〆でスピン打った瞬間にこっち向いて気付いたら倒れてたわけで・・・。ある意味爽快な死にっぷりでした。そして、レイズ3が有難い!

続いて、デルクフの塔でカムラナート戦。あのローブ姿のまま戦うのかと思いきや、きっちり鎧姿であら強そう・・・(一瞬トリオン王子と見間違えたのは秘密です)。それにしてもその前置きイベントで居たAA・EVが格好良過ぎ!何ですかあの厳つい盾と剣は・・・。しかも噂によると魔法詠唱でも武器持ったままのようで。AA・HMの二刀流も多少捨てがたいですが。

まぁ、それは置いておいて。
肝心のカムラさんですが、ディスペガは何のその、サイレガがウザいウザい・・・。スタン出来ないっつーの。。。
やまびこ薬飲み飲み皆で囲んでタコ殴り!順調にHP減らして~~っとしかし最後の方で光輪剣により黒さん多分即死でした・・・。さすがカムラ先生、ただではやられない。。。

最後のミスラとクリスタルは最早一瞬で壷タコ殴りで割って終了。これで晴れてお空にいけるようになったのでした。その後すぐに行ける面子でお空を軽くお散歩し、この日は終了!ネネさんお疲れ様でした。

次は、ジラートも大詰め、AAとのバトルロワイヤル「神威」ですな・・・。


b0038759_19262697.jpg

カムラさんタコ殴り。
b0038759_19271041.jpg

初神々の間。綺麗だ・・・。
b0038759_1927477.jpg

そして初空!ラピュタは本当にあっt(ry
by rucie4 | 2005-12-08 19:20 | FF
実は遡る事かなり前、京都旅行から帰ってきた翌日から一泊二日で富士急ハイランドに行ってきました。
初日は午後出発で山中湖付近でホウトウを夕飯として食べ、夜は飲んで次の日朝から富士急!

9月に行った時は、まさか3ヵ月後に本当に行くとは思わなかったわけですが、FUJIYAMAに乗れなかった未練があった為、リベンジ。天気も良くて、トンデミーナが点検の為乗れませんでしたが、FUJIYAMA二回、ドドンパ一回、超戦慄迷宮一回、その他色々と満喫しました。

来年、FUJIYAMAを越える予算(日経に載ってた記事だと確か35,6億?)で立てられる新ジェットコースターが完成するようですが、それがお披露目されるまで、行く事はきっと無いはず・・・。
by rucie4 | 2005-12-06 18:31 | 戯言