人気ブログランキング |

カテゴリ:映画( 8 )

姑獲鳥の夏

映画、「姑獲鳥の夏」を見に行ってきました。

えーと、ロデムさんの記事を見て、凄い期待しないで行ったんですが・・・ 笑。
感想としては、そこそこ見れました。火サスとかでやったらハマりそうだなぁ~って。とにかく映像化と短縮化によって劣化してしまうのは致し方ないですね。

で、個人的にまとめると、

・榎木津が割とまともな人間だったけどやっぱ良かった(とゆーか阿部寛大好き!)!
・田中麗菜は活発で役に合ってるけど、顔が昭和中期ではないような(現代顔?偏見かも)。
・鳥口って名前呼ばれたり説明あったっけ・・・?
・青木、居るのは分かったけど誰がやってるのか分からん。。。
・榎木津の能力に対する説明が簡単過ぎ(仕方ないけど) 笑。
・最初京極夏彦が水木って気付かず。ただ、紙芝居は激しくイラナイ。蛇足。

そして、
・猫が可愛かった~ヽ(´▽`)/
お後が宜しいようで?



「この世には、不思議なことなど何もないのだよ、関口君」
by rucie4 | 2005-08-05 20:53 | 映画
昨日、宇宙戦争行ってきました。

久々に横浜で見ましたが、SW始まったからか割と空いてて良かったです。
社会人の先輩がボウリング大会で前売りチケットげっとしたので、無料で見れたのも美味しかった!

で、肝心の内容ですが、凄い迫力で、パニック映画の王道とも言える緊迫感が続きかなり楽しめました。トム・クルーズの生き残りっぷりはイーサン・ハントばりでした(違。早くM:I3公開しないかなぁ。
何にせよ、噂どおりダコタ・ファニングの演技力が凄まじく、引き込まれるものもあり、トムはどちらかというと、後半はヘタレ父親ぽい展開で、オチもどうやら小説と変わっていない唐突な終わり方で萎えました(3時間映画な展開なのに、尺が二時間ちょいで急にオチへと収束してしまう為。)。


途中まではかなり面白いですが、後半(というか最後)失速するので絶賛はしないですが、それなりに面白いかと思います。
by rucie4 | 2005-07-18 12:31 | 映画
昨晩先行上映行って来ました!
川崎チネチッタで見たのですが、いー混み具合で。25時35分の回なのに皆元気ですな。


で、内容ですが個人的にEPIIより全然良かった!全篇通して殺陣も多くて嬉しい限りです。
そして伏線の回収の仕方が巧い事上手い事。感心しつつも、EP4,5,6に違和感なく、辻褄が合っていくのは爽快でした。


・・・ただ、軽快なパルパティーンはキモイ 笑。


あと、スタッフロールで気になったというか驚いた事が。前ニューズウィークを読んでいて米映画ランキング1位の時に主演がユアン・マクレガーとなっていて軽く吃驚したんですが、ラストのスタッフロールでの順番がオビ=ワン・ケノービ:ユアンマクレガー、「パドメ:ナタリー・ポートマン」、アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン、(勿論本当は全部英語ですが。。。)と何とアナキンが三番目!よく考えると、俳優的なランキングでナタリー・ポートマン>ヘイデン・クリステンセンだからなのかなぁ・・・と思いました。でも、パドメより後にアナキンが書かれるのはちょっとショックでした 笑。



“You were the chosen one!”
by rucie4 | 2005-07-03 15:43 | 映画

オペラ座の怪人

前々からず~~っと見たかった「オペラ座の怪人」を遂に見に行ってきました!

確か日本対バーレーンの日。
午前中東京駅付近で某企業のセミナーを受け、午後そのまま日比谷に流れて銀座マダムに囲まれつつも見ました(平日昼間なのに激混み・・・)。

内容は、期待通り最高!原作読んでないのでストーリーは朧気にしか知らなかったのですが、今回で完全に把握。全篇通して台詞のほとんどが歌で構成されていたのも音楽好きには堪らない感じで。
あー、劇団四季のオペラ座~も見に行きたくなってた!!

うーん、あとサントラも欲しくなってきたかも。。。

The Phantom of the Opera (Original Motion Picture Soundtrack) (Special Extended Edition Package)
Andrew Lloyd Webber Simon Lee Alison Skilbeck Chris Overton Ciaran Hinds David Langham Emmy Rossum G / Sony
スコア選択:



Sing once again with me
Our strange duet
My power over you
Grows stronger yet
And though you turn from me
to glance behind
The phantom of the opera is there
Inside your mind

by rucie4 | 2005-04-02 19:22 | 映画

「きみに読む物語」

今日見てきました。
実は今日までの公開の「君読む」(なんつー略し方だ。。。)。

まったーり、でもじーんと来る内容。
ちょっとフィクションだけにやりすぎな演出もあるけど、癒し系ではあったのかな。
映像美に惹かれました。
多分、原作の小説も良い出来なんだと思います。読まないけど。

戦前、戦後間もないアメリカの雰囲気は好きです。カントリーミュージックもいー感じ。時代を感じます。あの時代の日本はちょっと荒み過ぎてしまっているし・・・(京極堂シリーズの設定はここら辺の時代ですが)。適度に明るい雰囲気がよかとです。



I'll be seeing you...
by rucie4 | 2005-03-19 00:58 | 映画

キング・アーサー

指輪物語に並ぶ(個人的に)アーサー王伝説。
エクスカリバー、アロンダイト、ランスロット、ガウェイン、トリスタン、円卓の騎士、とまぁ単語を上げればきりが無い訳ですが。

で、以下どうでもよいこと。
・サクソンの首領の息子がブラピに見えてしょうがなかった・・・。
・サクソンの首領がビデオ映画「ジュリアス・シーザー」のヴェルチンジェトリックスに似ていた(
とゆーか、古代欧州の蛮族は多分皆似た容姿に見えるっぽい)。
・古代英国の緑な風景が良かった。
・サクソン、蛮族だけに会戦頭悪すぎ。。。ただ数量押しで突っ込んでるだけぢゃん。
・アロンダイトという単語すら出てこなかったです。マイナーですか、そうですか。
・グウィネヴィア、微妙
・嗚呼・・・ランスロット・・・

と、世間の評判は微妙だけどそれなりに愉しめたと思いまふ。
まぁ、映画館で1.5k払って見たらちょっと微妙というのは分かりますが・・・。
by rucie4 | 2005-02-20 13:20 | 映画
レンタルビデオで鑑賞。
ジム・キャリーは相変わらずの名優だなぁと思いました。

設定も、中々。アメリカでは受けそうな内容なのではないかと。
無神論者の私としては全知全能の神がモーガン・フリーマンであるというのは受ける所でしたが。 笑

「神」という概念は実に人間の考え出した物で面白く且つ非常に必要な概念である(宗教然り)という部分が私の興味をそそります。むかーし読んだ瀬名秀明著のBrain Valleyは「神」を具現化することが目的なお話でしたが、結局は人間如きに制御は不可能であるというような感じでした。この映画も結局はそんな感じで。

「神」とは人間の及ばざるところにおわすから神なのであって、人間が神になるということはその命題自体が既に矛盾しているのかと。ただ、唯一神の場合であって日本の八百万や、欧州、北欧などの神々と比べるのはまた話が違うかなぁと思います。

無神論者と書きましたが、俗に言う運命なんてもんを信じたりはしてます。人間の意志なんてものはちっぽけなもので、もしかしたら全てが計算通りに行われていても不思議ではないとも思っているわけで・・・。認知の及ばない絶対的存在を神とするならば、私にとって運命みたいな概念を神としても表現しても問題はなさそうです。

話が変な方向に行っている・・・。「神」ネタは何にせよ、面白いです。飽きません。この調子で「パッション」もちょっと観たいかも~。
by rucie4 | 2004-12-06 13:48 | 映画

いま、会いにゆきます

今、見てきました。話題の「いま、会いにゆきます」

とりあえず、今日は新宿でお昼から就活の合同セミナーがあったので、それに参加。1社あたり30分とゆー、ぶっちゃけそれ程意味も無いプレゼンを(言いすぎ)*3社聞いて(本当は4社まで聞けたけど、上映時間に間に合わない可能性あったので早退 笑)新宿スカラへ。

んで、つぼ八行って今帰宅。新宿遠!

で、肝心の内容としては、良かったです。普通なコメントですな・・・。
ちょっと個人的に前評判というか、前提知識が雰囲気「黄泉返り」と被りまくってるので(竹内結子も)やばいなぁ・・・と思って、全然期待しなかったのですが、その分良く思えたのかもしれません。

小説の「世界の中心で愛をさけぶ」を買ってかなり失敗をしたと思っていただけに、怖かったのですが、これなら小説を買っても問題無さそうなので、読むのは凄く先になりそうですが購入しようかとも考え中だったり~。

なんにせよ、まったり癒されました。泣きませんでしたが、涙腺緩んだ 笑。


「ありがとう。あなたの隣は、居心地が良かったです・・・」
by rucie4 | 2004-11-25 00:45 | 映画